« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

あまりかん 高須光聖

ダウンタウンと幼馴染みの売れっ子放送作家のエッセイというかエピソード語り調。

図書館の予約状況や本屋に平積みされてるのを見て、

ハードルが上がった分、読んでみてガックリきた。

子供の頃のおもしろいエピソードやダウンタウンがらみの話を並べただけで、

私小説にもなってなかった。

ダウンタウンの松ちゃんと二人でやってるラジオ番組「放送室」のリスナーとしては

ほとんど知ってる話ばっかりだった。

もちろんおもしろいエピソードばっかりだけど、知らなかったのは高校時代の彼女の話くらいで、

本の装丁がいかにも小説っぽい感じのデラックスな感じで、

これがワニブックスとかのちっちゃめサイズで表紙もやわらかくて

丸めて握れるような安っぽいものならタレント本だとハードルは下がるけど、

ホームレス中学生にしろ、最近のタレ本って表紙も固った固の純文学の小説みたいな装丁が流行りなんやなーと思った。

「放送室」では松ちゃん相手に結構やれてるので、

もっとクリエーティブな文章を期待しただけに残念。

| | コメント (33) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »